OKKASAN's blog

拙サイト「OKKASAN's WEBSITE」「STONE JUNKY」(Link参照)の更新状況、手持ちのCDを紹介する「棚から鷲掴み」や、「今日観たor聴いたソフト」、ギターについてなどの音楽ネタ多数の予定。



「OKKASAN's WEBSITE」はこちら
石田長生非公式ファンサイト「STONE JUNKY」はこちら


人気blogランキング(音楽全般)
楽しんでいただけたら投票お願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【徒然】紙ジャケだけじゃないのよね。

再生中の一枚:

グラント・グリーン
『Green Street』


この人には珍しいg,b,dsのトリオ編成で格好いいんだこれが。昔読んだジャズライフでは若き増尾好秋氏がこのアルバム全コピしたって書いてあったけどホンマでしょうか。いや、やっててもおかしくないですが。


で、こっから本題よりはるかに長い余談(笑)

小生が紙ジャケ嫌いっちゅうのは結構ここでは書きまくったんですが、他にもCDに対して「これは嫌」っちゅう要素がありまして、全部挙げると、

1.紙ジャケ
2.ジャケ背面のタイトルがカタカナ書きや邦題の国内盤洋楽CD(ワーナー/テイチク/クラウンetc.)
3.二枚のアルバムを一枚にまとめた、いわゆる2in1のCD
4.ボーナストラックの別テイクをオリジナルテイクと並べてオリジナルの曲順を滅茶苦茶にしたCD

ってのが駄目なんですよね。一番ゆるせないのは4.でして、見てくれの問題じゃなくて再生に影響しますからねこれは。
同じ曲連続で聴かせるなと。そらジャズでは別テイクにはまた別の魅力もあったりするわけですがね、連続して流すこたぁないやろに。
テレビのCMでも同じのが2回流れるとげんなりするのに(笑)。

あと、3.ですが、例えばアナログで2枚組だったのがCDで一枚になるのは問題ないんですが、別々のアルバムを一枚にするというのがどうもね。それもリリース順でまとめてればまだ我慢できますが、1枚目と5枚目をカップリングとかもうアホちゃうかと思います。海外のリイシューCDはそういう適当なのが多くて困りますわ(アイズレーのT-NECK時代のリイシューとか)。んで、最悪なのはこんなの。



これ、ドナルド・バードの『Up With Donald Byrd』とグラント・グリーンの『His Majesty King Funk』のカップリング。

なんで違うミュージシャンのアルバムを一枚にまとめるかなぁ(怒)。
ジャケも2in1て分からないようになっていると。これどっちのアルバムも聴きたいのにこのためになかなか買う気が起こらないどす。ばらして出してくれや全くもー。

んで、昔は4.のパターンだったのに、後に反省して(笑)別テイクをまとめて後ろに置いたのがこれ。

ビル・エヴァンス&ジム・ホール
『Undercurrent』


うちにあるのはこちら(↓)。サイトに飛んでもらえば曲順が違うのがわかります。
大体最初の「マイ・ファニー・バレンタイン」から2バージョン連続でしかも別バージョンから始まっているという狂気の仕様(爆)。



んで、最近出て話題になったこれも以前のものにあった4.のパターンが解消されますたね。

ロバート・ジョンソン
『Centennial Collection』


以前のバージョンはこちら(うちにはこれがあります)。

まぁブルースCDとしては滅茶苦茶売れたブツでしたね。

あー買い直したい。しかしそれならその金で聴いたことのないディスクを買うた方がいいのは言うまでもなく。いやはや悩ましいものであります。頼みますわレコード会社殿、もう少し消費者のこと考えてくれてもええんちゃうの。

スポンサーサイト
  1. 2011/09/20(火) 00:44:40|
  2. 日々。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<【NOW PLAYING】今日のBGM | ホーム | 徹夜予定、またも淡々と。>>

コメント

1.は私もダメ。CDなのに出し入れになんでレコードと同じような「アナログな作業」せないかんのか。しかもCDはジャケットから出しにくいか、すぐオチルかどっちか。棚並べたらタイトル見難いし、立てかけたらヒワルし、サイズばらばらだし、。2.も嫌と言えば嫌だけど、そこまでではない。3.は「好ましく」はないが、懐の寂しい身としては、やむを得ない所もある。2in1よりも単体一つの方が高かったりもするので、助かると言えば助かるが、2in1の一方を持っていたりすると(しかももう一つがそれにしかない場合)なんだか釈然しない。組み合わせについてもおっしゃる通りで「どういったつもり」でセレクトしたのか疑問に感じるモノが多し。ライヴとスタジオの2in1ってのもありました。あと60’sBEATモノに多いのが、「ステレオ」と「モノ」の2in1。そりゃ気にはなるが、そこまでして欲しいとは思わん。どっちか好きな方で充分。しかしコンナのに限って聴きたいボートラがあったりする。4.はもう全くダメです。全て見送ってきました。基本的にはもとからテイク違い連発(例えばチャーリーパーカー)なヤツはいくら内容が良くても堪えられません。
あとCDだから、と言うわけではないが、「小出しのボートラ」も困りモノです。我が家にTHE WHOの「ライブ・アット・リーズ」一体何枚ある?
  1. 2011/09/20(火) 17:48:36 |
  2. URL |
  3. しみへん #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wokan.blog60.fc2.com/tb.php/210-fa4ded3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

okkasan

Author:okkasan
FC2ブログへようこそ!

RSSリンク

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。