OKKASAN's blog

拙サイト「OKKASAN's WEBSITE」「STONE JUNKY」(Link参照)の更新状況、手持ちのCDを紹介する「棚から鷲掴み」や、「今日観たor聴いたソフト」、ギターについてなどの音楽ネタ多数の予定。



「OKKASAN's WEBSITE」はこちら
石田長生非公式ファンサイト「STONE JUNKY」はこちら


人気blogランキング(音楽全般)
楽しんでいただけたら投票お願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【最近聴いたブツ】TRADROCK「Jimmy」 By Char

さぁ、「TRADROCK」シリーズもあと残すところ2枚。ちゅうか遅すぎやろ(自爆)。だんだんとライフワーク化してきているような気もしますが(これこれ)。

今回は「Jimmy」でございます。タイトル通りジミー・ペイジを取り上げた一枚。これがジミー・リードとかジミー・ウィザースプーンのカヴァー集だったら渋すぎですけどさすがにそこまでマニアックではないと(笑)。

jimmybychar_1.jpg

【DVD】
1.Your Time Is Gonna Come
2.Heartbreaker
3.Dazed And Confused
4.Whole Lotta Love
5.Thank You
6.Communication Breakdown
7.Good Times Bad Times

1.Documents(Special Features)
2.Close-Ups(Special Features)

【CD】
1.Your Time Is Gonna Come
2.Thank You
3.What Is And What Should Never Be
4.Good Times Bad Times
5.Babe I’m Gonna Leave You
6.Communication Breakdown

曲に関しては完全にツェッペリン時代オンリー(今回の選曲者はDJのクリス・ペプラー氏。)。まぁ「Eric」の際にクリームに偏ったのをベタと評したわけですが今回はしょうがないでしょう。クラプトンと違って、ZEP以降の活動が相当地味でしたしね。ファームとかカヴァーデイル/ペイジとか入れられてもほとんど聴いてないしリンダ困っちゃうなので(爆)。

実は当シリーズの(それまでの)定石が破られているある意味問題作がこれであります。というのは、当シリーズは毎回CDとDVDの2枚組によるリリースでしてそれは今回も変わらないのですが、今まではCD音源とDVD音源は共通(あえて「同じ」とは言わない。理由は後述)でして、オーバーダビングなどを施したCDが完成形であるのに対して、DVDはそのマテリアル(この時点で一部ダビングを重ねている場合もあり)を収録しているという形だったのが、今回はCDとDVDで同じ曲を取り上げてもまったく別音源となっているものが収められているという点でそれまでとは大きく変化しているわけです(ていうか、最後のリリースの「Jimi」でも同曲がそこまで異なっているわけではないので今回だけが特異であると言えなくもない)。

例えばCDでもDVDでも1曲目に収録されている「Your Time Is Gonna Come」なんて、そもそも編成からして違っておりまして、CDは全曲Charと息子のJessie(RIZE)の二人だけによるアコギ2本の録音であるのに対して、DVDではそこに元RIZEのTOKIE(Bass)、そしてレギュラーと言ってもいい古田たかし(Drums)のリズムが入ったエレクトリックセットが収められているという点が特徴です(後半2曲はCDと同じアコギデュオ)。



個人的にはここにJessieのいる必然性については疑問符が浮かばないこともないんですが(ギターは悪くないんだけど、特にあのラップはいらないよなぁ)、まぁ親子共演の場が欲しかったということでしょうかね。さすがに、いくら天才の息子とはいえ天才本人にはかないません(笑)。それよりTOKIE姉さんのベース格好よすぎです(特に「幻惑されて」のランニングベースのノリと「サンキュー」でのアップライトは秀逸)。使用ギター(エレキ)は、Charはテレキャス/ストラト。Jessieは終始ミュージックマスター(ムスタングと同じ形で1PU、トレモロ無し)って、渋いねチョイスが。
あと、DVDにはレコーディング・ドキュメントも掲載されておりますが、その中でCharがベースもってなにげにスラップやってるところが映るんですがそれが無茶苦茶巧いという。

しかし、声を大にして言いたいのは、Charがこのシリーズ全編にわたりこれだけを通して使っているヤマハのアコギ、あれ、昔から思ってたけど滅茶苦茶ええ音するんですよね。どっちかというと音色的にはギブソン系よりマーティン系の乾いた感じの音なんですが、下手したらマーティンよりいいかも。まぁ弾き手の違いもあるんでしょうが(汗)、しかしあれは良いわー。でもヘッドの形から見てワンオフっぽいんだよなぁ。最もデビュー時から使ってるから量産されてたとしても絶版だよな。

スポンサーサイト
  1. 2011/05/12(木) 19:44:20|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【日々】久々に | ホーム | Mr.Cornell Dupree>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wokan.blog60.fc2.com/tb.php/180-6cd8bf24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

okkasan

Author:okkasan
FC2ブログへようこそ!

RSSリンク

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。