OKKASAN's blog

拙サイト「OKKASAN's WEBSITE」「STONE JUNKY」(Link参照)の更新状況、手持ちのCDを紹介する「棚から鷲掴み」や、「今日観たor聴いたソフト」、ギターについてなどの音楽ネタ多数の予定。



「OKKASAN's WEBSITE」はこちら
石田長生非公式ファンサイト「STONE JUNKY」はこちら


人気blogランキング(音楽全般)
楽しんでいただけたら投票お願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【誰か小生にこれ買うて】軍艦島特集

えー、今日は部屋に戻れないのでそーいう時はこのカテゴリー便利ね。
長崎県端島、通称軍艦島は死ぬまでに行ってみたい場所ですが、その軍艦島に関するこれ買うてシリーズ(もう持っているものもあります)。

「軍艦島実測調査資料集 追捕版―大正・昭和初期の近代建築群の実証的研究」

世間的には軍艦島関連書籍の決定版とされる本書、最初の刊行は1980年代初頭で、その後21世紀に入って「万能書店」のリクエストで復活、それもあっという間に完売したのですがこのたびめでたく再度の復刊。しかし、復刊するたび目玉が飛び出るほど定価が値上がりしてる(泣)。実は初版が某図書館にあるので借りてきたことがありますがでかいので運ぶの大変だったです(笑)。

ただ、軍艦島関連書籍としては、小生はこちらの方がお奨めです。

「軍艦島海上産業都市に住む―ビジュアルブック 水辺の生活誌」

こっちは持っておりますが、買うてくれたらせっかくですので保存用にいただきます(爆)。島の住民でアマチュアカメラマンだった伊藤千行氏による、無人島になる前の軍艦島の様子を記録した唯一の写真集。これも何度かの絶版~復刊を繰り返しております。興味ある方は買える今のうちに絶対手に入れるべき一冊ですぞ。狭い面積に5000人以上の人々が住み、大正時代にすでに10階建て以上の高層住宅が密集し、一時期人口密度が世界一だったこの島の人々の生活を見事にとらえた素晴らしい写真集。小生としては軍艦島関連書籍ではこれが最強だと思います。

「軍艦島―眠りのなかの覚醒」

これももちろん図書館で借りましたが、まだ持ってないんですよ。早く買おうとは思っているんですが(買ってくれればなおよし>笑)。今容易に手に入る廃墟となってからの軍艦島の写真集ではこれがお奨め。
スポンサーサイト
  1. 2006/04/12(水) 01:10:01|
  2. 誰か小生にこれ買うてくれ(爆)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<【今日観たDVD】言うまでもない名作 | ホーム | 【今日聴いたCD】2006/04/10>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wokan.blog60.fc2.com/tb.php/14-8d4bdca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

okkasan

Author:okkasan
FC2ブログへようこそ!

RSSリンク

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。