OKKASAN's blog

拙サイト「OKKASAN's WEBSITE」「STONE JUNKY」(Link参照)の更新状況、手持ちのCDを紹介する「棚から鷲掴み」や、「今日観たor聴いたソフト」、ギターについてなどの音楽ネタ多数の予定。



「OKKASAN's WEBSITE」はこちら
石田長生非公式ファンサイト「STONE JUNKY」はこちら


人気blogランキング(音楽全般)
楽しんでいただけたら投票お願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【今日聴いたCD】「いい音しか残れない」

山下達郎『RIDE ON TIME』


タイトルの意味をリアルタイムで知っている人は40以上ですわな(笑)。
もうね、年にそう何回も聴くアルバムではありません。10回ないなぁ(1回聴きだすと何度もリピートするんですが)。でもそれは、頭の中に全部入ってるからなんですね。ええ、かつてはもうホンっマに聴き狂いましたから。まぁ達郎氏のRCA/air時代のアルバム全てに共通することですけど。しかしどの曲も聴くたびにわくわくしてしまうのは何故なんでしょうね。最近の達郎氏のアルバムにはない部分ですね。まぁ己が歳食ったからだと言われれば返す言葉もございませんが(笑)。色々言っても小生にとって青春(寒>お前は千葉県知事か)時代を象徴する一枚であることは間違いないですね。
しかし、「サイレント・スクリーマー」での達郎氏と椎名和夫氏のギターバトルは格好ええなぁ。でも実は一番のお気に入りは小品の「雲のゆくえに」だったりする小生。「いつか」「デイドリーム」…いらないと思うた曲は一曲もないけどね。今やそんなアルバム自体なかなかなかったりしますねぇ。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/29(水) 19:04:11|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とりあえず報告だけでも。

予約出来ないというご報告もありましたから予測はしておりましたが尼より連絡が来てBAHOのボックス、案の定キャンセルになりますた。
なんやねん、売る気無いもん載せるなよまったく。
  1. 2011/06/27(月) 21:06:49|
  2. 日々。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

あまりの凄さにひっくり返った>WOLFGANG’S VAULT

http://www.wolfgangsvault.com/

うわーこれすげー!!!!!
ということで、早速ipodにアプリを入れてあれやこれや以下略(webからも聴けますよん)。

http://rocketnews24.com/?p=104527
日本語での説明はこちらに。
  1. 2011/06/21(火) 03:46:57|
  2. 日々。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【今鳴っているCD】『つづれおり』も素晴らしいですが、

キャロル・キング『サラブレッド(紙ジャケット仕様)』
[Limited Edition, Original recording remastered]


小生はあの名盤よりこちらを聴くことの方が多いかも。「Only Love Is Real」は何度聴いても素晴らしい。「It's Too Late」が下敷きになっているとは思いますがサビのコード進行がさらに洗練されているのが気に入っております。後アレンジね。これはこれで佳曲揃いのいいアルバムだと思うんですがねぇ。あ、紙ジャケ嫌いなんで出来るだけ紙ジャケじゃないものを紹介するつもりなのですが(うちはプラジャケです)、まともな値段で新品が手にはいるのがこのバージョンしか見あたらなかったので(3年前の輸入盤とかもう廃盤でえらい値段に。なんじゃあれは)。
  1. 2011/06/16(木) 20:22:40|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【訃報】R.I.P Alan "Mr. Fabulous" Rubin

ブルース・ブラザース 【プレミアム・ベスト・コレクション1800】


この映画で好きなシーンは沢山ありますが、ジョン・ベルーシとダン・エイクロイドがかつてのバンド仲間であるトランペッターのミスター・ファビュラス氏の仕事先のレストラン「シェ・ポール」で無茶苦茶やったあげく、ファビュラス氏を強引にバンド復帰させるところはマジで最高ですね。バンドのメンバーの中でも最も男前でダンディだったのもこの方(本職の俳優じゃないのに演技も上手かった)。いやー好きだったんですよ。キャブ・キャロウェイの「ミニー・ザ・ムーチャー」のバックでのミュートさばきも素晴らしい。

そんなミスター・ファビュラスことトランペッターのアラン・ルービン氏が8日にお亡くなりになったそうです。ベルーシには会えましたかね?心よりご冥福をお祈りいたします。
  1. 2011/06/12(日) 16:22:09|
  2. 日々。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【今日聴いたCD】職人技の競宴

フル・ムーン『FULL MOON』


バジー・フェイトンとニール・ラーセンが結成したフル・ムーンの唯一のアルバム。これ、CDになるよりずっと前に小生の友人でバジーの大ファンのギタリストの人が血眼になってLPレコード探していたところ、小生が某中古屋で発見。たしか6000円くらい(結構傷入ってたのにね)したのを代理購入した覚えがあります。まぁ当時は「CD化されないであろうアルバムの最右翼」と言われてましたからね。バジーのギターも素晴らしいですがニールのキーボードも捨てがたい。後に二人が新たに結成したラーセン・フェイトン・バンドとは違った緊張感が魅力ですね。デイヴ・ホランドやランディ・ブレッカーとのジャムもボーナストラックで収録。

バジーのセッションワークは棚鷲でやりたいという気はあるんですがね。いや、予告ちゃいますよ。予告するとしんどくてしょうがない(笑)。

あ、これ届いたんですがまたそのうち…いや、予告ちゃいますよ(爆)。
  1. 2011/06/10(金) 20:27:28|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【訃報】中村真一(四人囃子初代ベーシスト)

今知ったばかりでどない言うてよいやら。早すぎですよ。
かつて何度かあった中村/佐久間両ベーシスト参加の四人囃子、大阪でもやって欲しかったな。
ご冥福をお祈りします。

http://www.4nin.com/index.html
  1. 2011/06/07(火) 07:37:30|
  2. 日々。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【今聴いてるCD】昔ジョー・ベックはジェフ・ベックの誤植だと以下略(爆)

ラリー・コリエル『トリビュータリーズ』


ラリー・コリエルがジョン・スコフィールド、ジョー・ベックと録音したアコースティックアルバム。全編トリオではなく曲によってはコリエルのソロやデュオも含まれる。4.のブルースはかつて観た勉強トリオのライヴで香津美氏/山岸氏/石やんがやっておりました。ジョンスコはあんまり好きやないけどエレキやなくてアコギやし、まぁスーパー・ギター・トリオよりはこっちの方がリラックスできてええかな。
  1. 2011/06/07(火) 00:10:26|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【今聴いているソフト】こういう音が似合う季節になりました。※追記あり

チェット・アトキンス『STAY TUNED』


ギター界の偉人、チェット・アトキンスが1985年にリリースしたアルバム。プロデュースは2曲を除いてTOTOの初代ベーシスト、デヴィッド・ハンゲイトが、残りをジョージ・ベンソンが担当。チェットと言えばカントリースタイルのギタリストという認識が一般的ではないかと思うのですがこのアルバムはひたすら爽快なインストゥルメンタルで、他人にわかりやすく説明するとしたらフュージョンぽいと言えばいいんでしょうか。
ベンソンを始め、曲毎にマーク・ノップラーやラリー・カールトン、アール・クルー、ルカサー(まぁ個人的にはこの人は別にいなくても以下略)などのギタリストが大挙参加しておりましてチェットとのセッションを楽しんでいる様が伝わってくるようです。
一曲目の「サンライズ」をはじめ、全曲夏の暑い日中に聴くと非常に涼しげな気分になれるという、このご時世ですからクールビズよりも節電効果が期待できるアルバムです(笑)。
ただ、今アマゾンで売られている輸入盤のジャケットはなぁ…。小生の持っているのは当時出た国内盤(買うたのは5年くらい前)でして、オリジナルのジャケット(輸入盤も当時はこれ)です。これが雰囲気が最高でして、今の味気ないジャケの1万倍素敵ですハイ。とはいえ、中身の気持ちよさは変わりませんが。

img_227990_25546327_0.jpg

追記:
YouTubeに一曲目がありますたので貼り付け。
チェットとベンソンによるギターの会話。

  1. 2011/06/04(土) 23:17:10|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

okkasan

Author:okkasan
FC2ブログへようこそ!

RSSリンク

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。