OKKASAN's blog

拙サイト「OKKASAN's WEBSITE」「STONE JUNKY」(Link参照)の更新状況、手持ちのCDを紹介する「棚から鷲掴み」や、「今日観たor聴いたソフト」、ギターについてなどの音楽ネタ多数の予定。



「OKKASAN's WEBSITE」はこちら
石田長生非公式ファンサイト「STONE JUNKY」はこちら


人気blogランキング(音楽全般)
楽しんでいただけたら投票お願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ジェフ・ベック来日だそうで、

来日メンバーが判明。リズム隊(というかぶっちゃけベーシスト)がチェンジとは個人的にはショック。いやー今回も凄いメンツですがベースのタル・ウィルケンフェルド嬢がいないのはホンマに残念どす。しかし今回はまた強力なベーシストが参加ですな。

ロンダ・スミス『RS2』


またもや女性ベーシスト。プリンスのバックで知られる超テクニシャンですが、小生は以前に古本屋にて、

BASS MAGAZINE(ベース・マガジン)2007年1月号


ベーシストでもないのにこれを買ってしまいまして、付録CDの日野賢二とのベースデュオが結構よくて、ベックとの組み合わせは期待できそうですね。でもやっぱタル嬢…(泣)。

しかーし、今回の目玉はなんといってもドラマーでございます。なんと、


ナーラダ・マイケル・ウォルデンだそーです(ちなみに上記アルバムはベックも参加)。ベックとナーラダとなればやはり、

ジェフ・ベック『ワイアード』


でのコンビネーションが再現されることに期待してしまうわけで、とりわけ一曲目、『LED BOOTS』のオリジナルドラマー(この曲のオリジナルはベックやなくてハミングバードやとかそういうツッコミはおいといて)がベックと共演する!いやーこれは鼻血ものです。

しかし、ナーラダとタル嬢で観たかった気も(まだ言うか)。

と、ここまで書いたところで小生、チケット持ってないわけですが(自爆)。あたたた。


(業務連絡)それはそーと、しみへんさん、サムクックもう来ましたか?うちはまだ来ません。Amazonでは現在取り扱い停止になっております。はてさて、大丈夫やろか?

スポンサーサイト
  1. 2010/01/26(火) 23:44:13|
  2. 日々。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

【今年よう聴いてるソフト】正月の戦利品

 小生、自分じゃ演奏は出来ませんがラッパは大好きでして、今個人的に好みの日本のホーンセクションなら断然「ソリッド・ブラス」なんですわ。いや、現存しないもの入れりゃ「ホーン・スペクトラム」ですがね。
あのキレの良さが素晴らしい。で、正月に某新古書店で一枚250円でソリッド・ブラスのアルバム一枚とリーダーの村田陽一氏のソロ2枚をゲット。

んで、まずクレジット見てひっくり返りましたのがこれ。

村田陽一『HOOK UP』


 1999年リリースのソロアルバムですが、アメリカのLA/NY/アトランタの三ヶ所で録音です。んで、それぞれが超一流どころなんですが、LAの基本メンツはデヴィッド・ガリバルディ/フランシス・ロッコ・プレスティア/ブルース・コンテ/チェスター・トンプソンという、某バンド全盛期のリズム隊を再び揃えて起用という。でもって、アトランタでは元JB'Sのメンツを多数招聘。曲によっては、フレッド・ウェズリーと村田氏のボントロのバトルだとか、ジャボとクライド・スタブルフィールドのツインドラムだとか豪華絢爛。NYはアンソニー・ジャクソンやハイラム・ブロック(7曲目のソロはホンマに素晴らしい)やサンボーンらでこれも豪華なんですが、やっぱりLAとアトランタのメンバーのブッキングがなんとも言えません。しかし、LAのメンツにJBマナーの曲をやらせる一方で、逆にアトランタのメンバーに「オークランド・ストローク」を連想させるフレーズ演奏させたりもうやりたい放題ですな。

 小生でも考えそうなミーハーな発想(誉め言葉)、いやー実現させるのが素敵(笑)。

次はこれ。
村田陽一『ABSOLUTE TIMES』


2003年リリースのソロアルバム。こちらは日本録音。吉田美奈子女史との共演(しかも曲は「時よ」だ)や12人のトロンボーンアンサンブル、はたまたクリムゾンの「21世紀の精神異常者」をブラスでカバーなど上のアルバムとは別の意味でやりたい放題。

で、最後は定番チームのこれ。

村田陽一ソリッド・ブラス『タイトネス』


 基本的にドラム以外は全部ホーンズでやってしまうというコンセプトのこのバンド、アルバムによっては渡辺貞夫氏などのジャズ畑のみならず、Charや房之助氏らをゲストに迎えて結構ロックなこともやってしまうのだがこのアルバムはかなりジャズファンク寄りでして、ゲストは日本の宝仙波清彦師匠とマーカス・ミラーでございます。マーカスはベースのみならずバスクラもプレイ。個人的には9曲目のファンキーさ、特にトランペット部隊が全員ミュートでリズムを刻むパートはホンマに圧巻。
  1. 2010/01/11(月) 20:30:49|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

遅ればせながら、

あけましておめでとうございます。
と、とりあえずシンプルに。

んで、先ほどアマゾンを徘徊していましたらこんなのみっけ。

『The Keen Records Story』 Sam Cooke


 1/25発売予定だそうで。サム・クックがKeenレコードに残したアルバムが収録されているようなのですが、果たしてコンプリートなのでしょうか。3枚組なので可能性が無いとは言えないんで非常に気になりますねぇ。

 単価が安いものは手数料の関係で日本のアマゾンに頼む方が安くあがることが多い上、3月31日までならアマゾンは「1500円以上注文」という制限無しで送料無料です。3枚組でこの値段なら試してみようと先ほど注文。届くのが楽しみれす。

では、今年もよろしくお願いします。

  1. 2010/01/07(木) 12:12:10|
  2. 日々。
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

okkasan

Author:okkasan
FC2ブログへようこそ!

RSSリンク

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。