OKKASAN's blog

拙サイト「OKKASAN's WEBSITE」「STONE JUNKY」(Link参照)の更新状況、手持ちのCDを紹介する「棚から鷲掴み」や、「今日観たor聴いたソフト」、ギターについてなどの音楽ネタ多数の予定。



「OKKASAN's WEBSITE」はこちら
石田長生非公式ファンサイト「STONE JUNKY」はこちら


人気blogランキング(音楽全般)
楽しんでいただけたら投票お願いします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【今日聴いたソフト】ラスカルズ

ラスカルズ「BOX~アトランティック・イヤーズ」


山下達郎監修のラスカルズ(ヤング・ラスカルズ)のアトランティック時代のアルバムを全てまとめたボックスセット。6年くらい前に買いましたよ。その時すでに廃盤でしたが某中古屋で12kでゲット。

で、後期の2枚も今はCD化されてるんで欲しいんですよね。
ラスカルズ『アイランド・オブ・リアル』


ラスカルズ『ピースフル・ワールド』


アトランティック時代後期から以降はメンバー以外のセッションマンの演奏が多くなってきてるのでいわゆるバンドサウンドという感じは薄れてきていますが、バジー・フェイトンやロバート・ポップウェルらのいぶし銀の演奏が聴けるのでこれはこれでよろし。フェリックス・キャバリエのソウルフルなヴォーカルが素晴らしい。

あ、業務連絡。プロバ最初に申し込んだとことトラブって次のとこに申し込みしたばっかりなのでもうしばらくかかりそ(泣)。
スポンサーサイト
  1. 2006/11/25(土) 20:29:32|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【今日?聴いたソフト】大村憲司発掘音源二枚

例によって買って聴いたのは一週間くらい前だったりしますハイ。すんません。

これ、出る前から興味あったんですけど、カミーノの発掘音源みたいな音質の奴かなと(あれは買うたけどちょっとねぇ…そら元の音源がカセットやからある程度しょうがないし、演奏良かったから結果オーライですけどね)危惧していたのでなかなか手が出なかったんですが、吹田にある由緒ある某古本屋で一枚1080円でゲット。聴いたら、これがなかなかよろしい。ちゃんとライブハウスの卓で録られているので、心配していた音質も特に大きな問題なし。しかも肝心の演奏は凄い凄い。こらえがったえがった。

大村憲司『Left-Handed Woman best live tracks I』


大村憲司『Leaving Home best live tracks II』


特に一枚目の「ジョージア・オン・マイ・マインド」は鼻血もの。それと、「トーキョー・ローズ」!これ凄い好き。久々にギター引っ張り出して耳コピ中。
しかし、青木智仁氏との共演が何曲かありますが、これはちょっと切なくなりますなぁ。
  1. 2006/11/23(木) 01:04:35|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【昨日観たDVD】やってもた。

今日はよその家から更新。なははは。

で、昨日、これを見つけたんですよ某リサイクルショップで。

ザ・バンド「ラスト・ワルツ特別編」


ビデオでは持ってましたがこれはもう名作ですよねぇ。今となっては裏にあった人間関係や舞台裏のなんやかや(個人的にはリヴォンの立場に共鳴してしまいますが)が表に出てしまってますが、これが名作であることには変わりないと小生は思います。
で、これが1250円であったんですよ。定価から考えてもこれはええと買うたわけですが、部屋に戻ってから調べたら、



こんなん出てる(泣)。新品でも1k切ってるのかよおいおい。
まぁ差額は僅かやけどね。

しかもこんなんまで出てるやなんて、知らんかったわ。
「ラスト・ワルツ アルティメット・コレクション」

これ欲しいなぁ。こんなんあるて知ってたら買わんかったって(笑)。

この映画の最大のツボはマディかなぁ。でもカメラ一台しか回ってなかったってのはいかん。たたられるぞ(爆)。あとはクラプトンとジョニ・ミッチェル、あと、ステイプル・シンガーズとの「ウェイト」あたりは凄い好き。ザ・バンド単独では「オフィーリア」と「ザ・シェイプ・アイム・イン」とかね。

  1. 2006/11/16(木) 23:22:21|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Everybody 連絡事項 on the net

小生の入ってたプロバが倒産いたしまして、後継のプロバに切り替わるのに空白が空くのでネットにつなぐことができません。折角石やんのニューアルバム出たのに不本意ではありますが、サイトならびにブログの更新や返信はもうしばらくお待ち下さいませ。携帯からだとちょっとむずいので。これ書くのも大変でしたよハイ。
  1. 2006/11/13(月) 23:30:49|
  2. 更新情報
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【石やんネタ】ついに出ました。

石田長生『Ishiyan』

ついに出ました石やん4年ぶりのニューアルバム。発売日の昨日買いました。
サイトへのアップはもう少し聞きこんでからということで。っちゅうか、滅茶苦茶長いことサイト更新なんてやってないからひょっとしたらやり方思い出せないかも(自爆)。
  1. 2006/11/09(木) 23:06:55|
  2. 石やんネタ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

【今日買うたCD】たまには行くもんだ。

あまり品揃えが良くなかったので滅多に行かなかった某中古屋で。

ルーファス&チャカ・カーン『Masterjam』

クインシー・ジョーンズプロデュースの一枚。もっとファンクなのを期待してました(持ってないけど、他人の家で聴いた、確か『PRAYER MEETING』ていうアルバム、あれはなかなか良かったよ)が、まぁポップですね。そらボーカルはごっついけどね。

チャールズ・ブラウン『One More for the Road』

ブルースのクリスマスソングとしては最も有名ではないかと思われる「メリー・クリスマス・ベイビー」の作者としても知られるチャールズ・ブラウンのアリゲーターからリリースされたアルバム。全編シンプルな編成(ギターはビリー・バトラーです)で繰り広げられる渋いブルースの世界。これは結構お気に入り。

ラッキー・ピーターソン『Lifetime』

以前メルヴィン・テイラーの紹介でも触れた天才ブルースマン、ラッキー・ピーターソンの1995年のアルバム。メルヴィン・テイラーとは違い、メジャーデビュー後はファンク/ポップ路線に進んだ彼のこのアルバムでは、スティングやアースのカヴァーを収録。内容的にはやや軽くなってるような気もしますが曲によってはブーツィー・コリンズやバーニー・ウォーレルらP-FUNK一派が参加し濃い演奏を展開しておりまする。しかしサム・クックの名曲「A CHANGE IS GONNA COME」でのオルガンの素晴らしさはホンマに最高。

あ、ちなみに今回の購入金額は一枚につき300円なり。
  1. 2006/11/02(木) 21:45:11|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

【今日聴いたCD】定番中の定番

ホンマは昨日ですけど聴いたの。

スタン・ゲッツ/ジョアン・ジルベルト
『GETZ/GILBERTO』

アストラッド・ジルベルトの名唱による「イパネマの娘」が収録されていることで知られるボサノバの大定番。久しぶりに聴いたら酒がすすむことすすむこと。今、ちょっと頭痛いです(自業自得)。
でもなぁ、一部で言われてる「ゲッツさえいなけりゃ」という言い方はなぁ…
その通りやと思う(爆)。
  1. 2006/11/01(水) 10:12:06|
  2. 今日観たor聴いたソフト
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

プロフィール

okkasan

Author:okkasan
FC2ブログへようこそ!

RSSリンク

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。